• facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
博多和牛を使用した黄金カレーは、水をほとんど使わず、3日間煮込み続けた絶品らしい…


さて、今回「柳川黄金博多和牛カレー」という商品ということで、

柳川!?博多!?どっちやねん!?ということで、色々と調べさせていただきました。

 

まずは、博多を代表する「博多和牛」を使用しているとのこと!

博多和牛

出典:福岡県肉用牛生産者の会 博多和牛販売促進協議会
http://www.hakata-wagyu.com/hakata/

 

博多和牛は、繊維質が多い福岡県産の稲わらと、とうもろこし、むぎ、ふすま、大豆など配合飼料で、20ヶ月以上愛情を持って育てられた品質の高い和牛ですが、アミノ酸がバランス良く含まれており、良質で消化の良いタンパク質が豊富にあるとのことで、お肌にもハリを与え「美容にも効果」があると言われていますね。

 

そしてこの黄金カレー。黄金というだけあって、
水をほとんど使わず、国産のタマネギを飴色になるまで炒めて、煮込んで、煮込んで、さすがはお肉屋さん、肉の切り落としをふんだんに投入して、3日間も煮込み続けられるそうです。
(この時点で、私にはできません。。。私は煮込んでせいぜい2時間です・・・涙)

5

また、柳川市は、福岡県南部、筑後地方の南西部に位置する市であり、

Yanagawa-kawakudari

(柳川の川下り)

 

詩人の北原白秋や鰻料理などが有名ですね。

Yanagawa_eel_steamed_in_a_basket Kitahara_Hakushu

(左:うなぎの蒸籠蒸し)(右:北原白秋)

 

この黄金カレーの「黄金」の由来は、オレイン酸をたっぷり含んだ博多和牛の脂が、カレーのルーにしっかり融合することにより、黄金色の液体が浮かび上がり、お皿に移した時に、「綺麗な黄金のアーチ」を描き、白いご飯と絡んで、さらに美味しいカレーになったからだそうですが、どうせレトルトで食べるなら、簡単に作れないカレーでないと、こっちのモチベーションもあがらないなぁ。。。と調べ続けていると、、、

 

この黄金カレーは、お肉屋さんの「まかない料理」として誕生し、

(はいはい、お肉屋さんだから、良いお肉でつくってるカレーってことでしょ!?)と思っていたら、、、

1回の仕込みで、
お肉5kg
脂4kg
スジ3kg
タマネギ8kg

4

を使用するとのことなのです!!!

 

いよいよ、試食を試みるが・・・
「3」をクリック!!!

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
category_parent; $now_id = $cat_now->cat_ID; if(($parent_id == "36") || ($now_id == "36")){ echo "

販売者紹介

"; } else { echo "

投稿者紹介

"; } ?>
九州うまかもんTV

コメント

  1. アバター
    横関弘江
    2016年5月9日 at 12:14 PM

    美味しいですね(^o^)是非…食べてみたいです‼シェアします‼

  2. アバター
    山口美佳
    2016年5月9日 at 10:02 PM

    あつあつのご飯に合いそう♡とっても食べてみたいです(≧▽≦)

  3. アバター
    松本英里
    2016年5月27日 at 12:25 AM

    🍞パンにカレーを付けて食べるのも、すごーく好きなんです!極上のカレーを楽しみたいです!☺

  4. アバター
    松本英里
    2016年5月28日 at 2:10 AM

    🌺家庭で、どうしても出せないコクと深味、プロが編み出したカレーが、どのような味なのか興味を感じます。🌴

コメントする