• facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
実は奥深い「福岡ラーメン」!! 〆の一杯、食べる前に!!”種類”と”用語”を把握せよ!

福岡で食べたいソウルフードといえば、やっぱり「ラーメン」だけは捨てがたい!

 

ところで「福岡ラーメン=とんこつラーメン」

この認識はもはや”常識”となっていますが、各地域によって微妙な違いがあるのはご存知ですか?

地元人にいたっては「ここのじゃないと受け付けない」なんて人すらいるのだとか!

今回は”知ればより一層うまい”を提供すべく食べる前に知っておくべき「福岡ラーメン」のすべてをご紹介します!

 

 

ce1611f777ceeaf4fd6a9552f7ff65e1_m219566d0127d001e13d9d64ee113f511_m

■博多ラーメン

王道の「博多ラーメン」は、豚骨が主体の乳白色のスープと細麺が特徴。

スープの白い濁りは、豚骨を強火で沸騰させることで骨のゼラチンなどが溶け出したためです。

 

始まりは昭和16年代、日本3大歓楽街のひとつ「中洲」の博多川沿いで森賢太郎が始めた「三馬路」 という屋台。当時は透き通った清湯の豚骨スープに平麺がベースだったとか。その後、博多駅近くで津田茂が屋台「赤のれん」を開業。中国で学んだ「十銭そば」がヒントとなった白濁の豚骨スープこそが、現在の博多ラーメンに1番近いそうです!

また、先ほどの「赤のれん」の津田茂と、福岡市東区前出で開業した「博龍軒」の山平進の合作だとする説もあります。津田茂が中国で食した豚骨スープと、山平進がかん水で麺を打ち上げてコラボしたものが現在の博多ラーメンだ、とも言われているそうですよ!

 

博多ラーメンの麺は細めで、どちらかというと素麺に近いです。麺とスープがよく絡むようにするため・短時間で麺を茹でてすぐに提供できるようにするためというのが理由で、コシがなくスープを吸いやすいのが特徴。

細いからこそツルっと案外軽くお腹に入っちゃいます!

具はいたってシンプルでネギとチャーシューのみというところも少なくありません。店のテーブルに基本置いてある白ゴマ・紅しょうが・辛子高菜などのトッピングで、食べ進めていく変化や好みのラーメンを楽しめます。

スープはお店によって様々ですが、比較的とんこつの香りが強いです。県外から来た方には少し驚くくらいの匂いがありますが、これが醍醐味だ!という方も少なくないはず。

 

近年は、しょうゆ豚骨や魚介豚骨などバラエティに富んだものも多いので、自分好みを見つけるのもおもしろいですね!

 

 

f6b25d09f6ac18433e9d545217724e4d_l cd78a5abf15b2356f4059a341bf00c88_l

■長浜ラーメン

「長浜ラーメン」は、主に福岡市中央区長浜の店舗や屋台のラーメンをいいます。

特徴としては博多ラーメンとかなり近いため、重複するところもありますが独特な個性もあるのです!

 

発祥は昭和30年代、博多区築港本町の魚市場が長浜へ移転したことで市場ラーメンも長浜に移転し、そこで開業された「元祖長浜屋」「一心亭」が始まりと言われています。

 

長浜ラーメンの特徴は、極細の麺とパンチが効いた濃い味のスープ!細い方が素早く茹で上がりますよね?元々は魚市場で働く人に愛されていた市場ラーメン。魚競りの合間にパッと食べられるようにと考えられたそうですよ!

また細麺はすぐ伸びてしまうため、大盛りではなく「替え玉」スタイルなのも長浜ラーメンが始まりだとか!替え玉で薄まったスープに加える「ラーメンのタレ」が各テーブルに置かれているのもこのためです。

 

博多のようなトッピングもできますし、味の調整ができるのはやっぱりいいですね!さらっとあっさり食べやすいラーメンなので”長浜派”は地元人も多いですよ。

 

 

IMG_9343 IMG_9342

■久留米ラーメン

なんと”豚骨ラーメンの元祖”ともいわれる「久留米ラーメン」。

福岡県久留米市を中心に作られており、豚骨スープとストレートの中細麺がベースとなっています。

 

そのルーツは昭和12年代、西鉄久留米駅で開かれた屋台「南京千両」が始まりです。創業者の宮本時男が、出身の長崎ちゃんぽんをヒントにした清湯の豚骨スープを考案。その後、同じ久留米に開業した「三九」の杉野勝見がうっかり豚骨を長時間煮立たせてしまったことで、現在の白く濁った豚骨スープが完成したのだとか!

失敗が原点なんておもしろいですよね!また、久留米ラーメンの特徴である煮卵・海苔・しなちく・カリカリ(背油を揚げたもの)を乗せたスタイルも確立させたとか。

 

久留米ラーメンの麺は、長浜や博多ほど細くなくスタンダードな太さ

スープは混ぜものはなく、純粋な豚骨のみ!何年も継ぎ足しで作る「呼び戻し」という技法を使うのでコクのある濃厚さが特徴です。豚骨の香りも強めなのでコテコテと思われがちですが、意外とくどくないので最後まで飲み干してしまう人も多いそうです!

 

値段もリーズナブルなのにウマいお店が多いので、ちょっと足を運んで久留米市まで行く価値は十分です!

 

 

0e9fc504db22539b5b7dabc9b848af5c_m

ここで、”ラーメン用語”がよく分からない方は必見!

麺の茹で上がり方を指定できる魔法の言葉を知っておけば、これであなたも堂々と注文できるはず!笑

 

1.バリやわ
ほとんどの人はオーダーしないであろう、かなり柔らかい茹で方。

2.やわ
お子様や伸びた麺好きにオススメ。

3.普通
お店の人が一番美味しい、あるいは一般ウケのよい硬さの麺。

4,カタ
麺のシコシコ感や小麦の香りが感じられる人気の茹で方。

5.バリカタ
「バリ」とは「すごく」という意味の博多弁で、実は地元人がよくオーダーするとか。

6.ハリガネ
歯ごたえ抜群で、意外とクセになるそう。

7.粉落とし(こなおとし)
お湯に通して麺の粉を落とすだけというほとんど生麺なこちら。小麦をダイレクトに感じられます。

 

さらに油の量も「ベタ」「普通」「ナシ」で調整できます!

初めて行くお店では、オススメを聞いてみて追加したりあっさり系にしたりするのもいいですね!

 

 

bb2a228b3050f83bfe61c74918211fee_m

いかがでしょうか?

本場の福岡ラーメンを食する前にこれだけ知っていれば、あなたも”ラーメン通”の仲間入り!

ぜひお気に入りのラーメン探しの参考にしてくださいね!

 

 

 

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
category_parent; $now_id = $cat_now->cat_ID; if(($parent_id == "36") || ($now_id == "36")){ echo "

販売者紹介

"; } else { echo "

投稿者紹介

"; } ?>
chiharu_tomita

chiharu_tomita

1992年8月29日生まれ
ライターとしてはまだまだ勉強中ですが、九州の美味しい情報を楽しく伝えていけたらと思います。

コメントする