• facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
鹿児島”薩摩”からきたスーパーフード!生産量も焼酎も「サツマイモ」は、かごんまが一番!

焼き芋に大学芋、スイートポテト!

ほくほく食感がたまらない「サツマイモ」は、お菓子にもおかずにもなる美味しい野菜ですね。

鹿児島が誇る特産品ですが、きっともっと好きになる、そんな情報をお届けします!

 

 

b033b9c180f01ac548eedf7b58f05356_m

「サツマイモ」の名前のルーツ、ご存知ですか?

もともと「唐(中国)」から琉球を通して伝わり、その100年後に種子島に伝わって「薩摩藩」が栽培を始めたことから全国に広がっていったそうです。

「薩摩」からきたイモ=サツマイモ、というわけですね!

鹿児島県内では「唐芋」と呼ぶそうですよ。

 

 

6e0bbac10afd806031495816ecc2dcc0_m

鹿児島は、サツマイモの生産量が日本一!

全国の約40%を占めていて、収穫量は374000tにもなります。

そしてその半分が「いも焼酎」の原料だとか!

 

image

焼酎の消費量も日本一の鹿児島県。平均の3倍も飲んでいるというから驚きです!

鹿児島が「焼酎王国」といわれるのも納得。実際、やはり九州人はお酒好き・強い方が多い印象はあります!笑

 

 

鹿児島でつくられている「サツマイモ」の主な品種には、

ce9f57c6e243d12d101856ab77543990_m

「紅さつま」

 ほくほくしていて、ふかし芋や天ぷらにぴったり。甘みが強く人気の品種です。

 

DSC_0572

「べにはるか」

品種改良され新しく登場した品種。加熱するとしっとり甘く、口当たりの良さが人気です。

 

657a73df64b5ff7f5593d79e1376e0d2_m

「黄金千貫(コガネセンガン)」

主に焼酎の原料に使われます。甘みは控えめで、さらっとした粉質なのが特徴。

 

その他、たくさんの種類が栽培されています。

 

 

ce74a0feb5f07ae82528a43d556d6769_m

美容・健康面でも大注目

 

美容の天敵である「便秘」、女性の悩みのひとつですよね。

サツマイモは、腸を刺激する不溶性食物繊維が豊富なので、かなり効果アリ!

(不溶性は食べ過ぎると詰まっちゃいます。1日1本程度が理想的)

そしてサツマイモの皮にしか含まれない「ヤラピン」は、便をやわらかくしてくれる作用を持つので、W効果で便秘を撃退してくれます!

9ca35a512add3246036f35d1aa763d47_m

またりんごの7倍 ともいわれるビタミンCは、加熱しても壊れにくい性質を持ちます。

塩分を体外に排出してくれるカリウム、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含むので、デトックス効果も抜群!

 

「サツマイモ」は、スーパーフードと言っても過言ではないのです!

 

70f5a8019fcc02c6a6fd0e1a940e138c_m

そんな「サツマイモ」の専門店をご紹介!

 

鹿児島にある「さつまいもの館」では、食べ比べができるほど様々な品種を取り扱っています。

お菓子・焼酎・お土産品も豊富!

 

東京店・大阪店もありますので、鹿児島県産の美味しいサツマイモ、毎日の食卓にぜひ取り入れてみてくださいね!

 

 

original

 

さつまいもの館(鹿児島店)

鹿児島市東千石町6-28

099-239-4865

 

 

 

 

さつまいもの館(東京店)

東京都千代田区有楽町1-6-4

03-3580-8821

鹿児島うんまかさつまいもの館(大阪店)

大阪市中央区安土町2-5-11大阪かぎんビル1階

06-6210-3161

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
category_parent; $now_id = $cat_now->cat_ID; if(($parent_id == "36") || ($now_id == "36")){ echo "

販売者紹介

"; } else { echo "

投稿者紹介

"; } ?>
chiharu_tomita

chiharu_tomita

1992年8月29日生まれ
ライターとしてはまだまだ勉強中ですが、九州の美味しい情報を楽しく伝えていけたらと思います。

コメントする