• facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア
日本代表の黒糖焼酎ここにあり!朝日酒造の「たかたろう」を飲むべし!

焼酎に馴染みが無い、という人たちの多くは、焼酎といえば「芋焼酎」「麦焼酎」「米焼酎」といった印象かもしれません。しかし、日本が誇るべき重要な焼酎のひとつとして、「黒糖焼酎」を忘れてはいけません。日本のラム酒、と呼ばれる希有な焼酎である、「黒糖焼酎」。今回は、特に注目すべき朝日酒造株式会社の「たかたろう」を紹介します!!

●黒糖焼酎はここでしか名乗れない焼酎?

IMG_20180422_120905

さて、「たかたろう」を紹介する前に伝えておきたいのが、原産地を保護するお酒や食物の法律。ワインが有名なフランスなどのヨーロッパでは、それらが造られた原産地を保証する法律が定められています。

お酒好きの方であれば、フランスワインのボルドーやブルゴーニュといった名称を聞いたことがあると思いますが、あれは地方の名前であり、原料も醸造もそこで造られていないと、その名を名乗ることができません。

日本では、ワインのAOCのように、いくつかの焼酎の地理的表示が指定されています。例えば、「壱岐」という指定産地名を使用する場合、長崎県壱岐市で基準を守られて造られた焼酎だけが、「壱岐」の名を使えます。そのほか、熊本県球磨群人吉市は「球磨」、奄美市及び大島郡を覗く鹿児島県は「薩摩」などがあります。

実は、それらと違うのが、「黒糖焼酎」です。

「黒糖焼酎」は、鹿児島県の奄美群島で造られる酒であり、奄美大島酒造共同組合の地域団体商標です。

1959年には、国税庁が基本通達を出しており、黒糖を原料にした乙類焼酎の製造は大島税務署の所轄する奄美群島でのみ米麹の使用を条件に認められるようになっています。

つまり、つまり、奄美地域以外の地では、“黒糖を原料とした焼酎製造”はできないということであり、奄美地域ならではの焼酎なのです

● 朝日酒造株式会社について

image02

さて、「たかたろう」を生み出した朝日酒造株式会社。酒造施設は大変モダンなのですが、創業1916年という黒糖焼酎蔵の中では一番古い蔵だそうです。

この、朝日という名ですが、喜界島が奄美諸島の中で最も東に位置しており、洋上から現れる朝日を最初に拝めることから、この名がつけられました。

酒類のさまざまな流行り廃りがあった時代にあっても、愚直に伝統を守り続け、黒糖焼酎を造り続けたその姿は、尊敬に値します。

しかし、朝日酒造株式会社は伝統に固執しているわけではありません。

長い歴史で養われた「焼酎造り」をベースに、現代的でモダンな酒造りをしていることが、今もなお黒糖焼酎業界のトップランナーである秘訣なのではないでしょうか。

●とにかくおしゃれな「たかたろう」

IMG_20180422_121116

たかたろうは、喜界島の古い方言で、〈梅雨明けの空に立ち昇る入道雲〉という意味。

その土地らしさを感じられる、ネーミングが心を揺さぶります。

さて、歴史がある…と聞くと、朝日酒造株式会社が生み出す「たかたろう」は、さぞ古くさい印象の焼酎だろうと思うかもしれません。

残念、100周年を記念して「たかたろう」は、デザインを一新しました。

はっきり言って、そんじょそこらの日本酒やワイン以上におしゃれなパッケージであり、良い意味で焼酎らしさの無いパッケージで仕上げられています。

DSC_1457

そもそも、箱からアート感漂いますし、スクリューキャップを抑えるテープにも文字プリントを配す手の凝りよう。

若い方々もヴィジュアルから楽しめる、こういったアプローチこそ、今焼酎に求められている部分なのではないでしょうか。

●おどろくほど繊細!

IMG_20180423_213835

「たかたろう」をまずは、ストレートでテイスティング。甘い香りがかなり強く鼻を刺激するか…と思いきや、かなり繊細で軽やかな香りです。もちろん、甘さをほんのり感じますが、強烈な黒糖の香りは感じません。

そして、アタックはまろやかで、鼻から抜ける香りも繊細。もちろん、アルコールが25度ほどあるので、それ由来のパンチ力はあるのですが、とてもエレガントな印象を持ちました。

●飲み方で楽しめる

IMG_20180423_213907

黒糖焼酎は、黒糖らしい甘さ、そしてナッツ、さらにはラム酒のニュアンスが楽しい酒です。ロックでは物足りないような気がしますが、しっかりと強いパンチ力があるので、後味は甘さが鼻を突き抜けます。水割りは、栗を思わせる香りを持ち、飲みやすく初心者向け。お湯割りの豊かさは、やはり焼酎の魅力とも言える、ボディの豊満さを感じさせます。

IMG_20180423_213812

個人的には、水割りが香りを楽しめますが、暑い夏の日にはロック、敢えてお湯割りも面白いかもしれませんね。

●甘みの強いつまみと合う!

IMG_20180423_213940

黒糖焼酎である「たかたろう」。美味しいに決っているわけですが、料理と合わせ飲むとその旨さがワンランク上がります。

今回、「たかたろう」と合わせたのは、鶏皮のタレと鶏もも肉の煮込みがめ煮風。どちらも、甘みと出汁の味わいを強調させてつくってみたのですが、これは本当に「たかたろう」と合う!!甘いものには、酸の高いシャープな酒が合うと言われていますが、「たかたろう」のような、甘さと酸、そしてパンチ力がある酒は申し分無く最高の組み合わせを演出します。

DSC_1461

毎日の食卓に使える、そんな焼酎こそ「たかたろう」なのです!!

●黒糖焼酎は初心者でも楽しめる

ここでは、朝日酒造株式会社の「たかたろう」を紹介しました。焼酎好きの方でも黒糖焼酎はまだ未体験、という方が多いかもしれません。

はっきり言います。

「たかたろう」含む、黒糖焼酎は初心者におすすめの本格焼酎だと思っています。甘いのですが、その甘さが上品であり、喉越しもスッキリ。料理との相性も抜群であり、とにかく飲み飽きしないという魅力があります。

ぜひ、黒糖焼酎を飲んだことが無い、という方は「たかたろう」をチェックしてみてください。誰もが喜ぶ、最高の味わいです!

 

会 社 名  朝日酒造株式会社
所 在 地  891-6202 鹿児島県大島郡喜界町湾41-1
TEL 0997-65-1531 FAX 0997-65-1532

http://www.kokuto-asahi.co.jp/

 

【プレゼント提供企業】朝日酒造株式会社
【プレゼント内容】『たかたろう
【当選人数】10名様
【ご応募期間】2018年9月26日〜2018年10月9日

【応募条件】

※今回からfacebookコメントは必須ではございません。

facebookアカウントをお持ちの方は引き続きコメントをお願い致します。

facebookアカウントをお持ちでない方はその他、SNSにて拡散をお願い致します。

プレゼントへのご応募は以下の内容をご確認下さい。 

《ご応募方法》

①facebookコメント欄にコメントをお願いします。

プレゼント応募

②「Facebookにも投稿」をチェックして投稿をお願いします。
プレゼント応募02

③ページ下部にある応募フォームへ入力をお願いします。

以上で応募は完了でございます。
後日、当選者へは担当者よりメールにてご連絡させて頂きます。
※今回からfacebookコメントは必須ではございません。

------------------------------------------------------------------------------------

プレゼント内容:

お名前:

メールアドレス:

電話番号: - -

住所:

あなたの一番好きな焼酎ブランドを教えてください。

あなたがオススメする美味しい焼酎の飲み方を教えてください。

焼酎に合うおつまみレシピがあれば教えてください。

お客様の個人情報は、以下の目的で利用させていただきます。

(1)商品発送に関するご連絡
(2)その他商品やサービス、キャンペーンのご案内
(3)アンケートのお願い その他、統計資料の作成等
にお客様の個人情報を利用させていただくことがあります。

ご入力いただきましたお客さまの個人情報は、
本お問い合わせに関する回答以外の目的には利用いたしません。
プライバシーポリシー(個人情報にかかる保護方針)

※入力項目は全て必須で御座います。入力に間違いがないようお確かめ下さい。

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEシェア

投稿者紹介

nakagomi

山梨県出身、ワインライターnakagomiです。
ワインが専門ですが、実は焼酎に恋をしています。
九州の素晴らしい焼酎、日本酒などを広く伝えていければ、と考えております。

コメントする